今こそ雨量計の使い方を見直してください

雨量計は、気象庁やその関連の会社が持っているもので、一般の家庭には必要が無いと思われると思います。実際に多くのご家庭にあるものではないですが、それでも家庭用の雨量計は存在します。通販で購入することも可能です。これは雨の完治だけでなく、データをスマートフォンなどに通知することもできます。まさに現地の正確なデータをみることができます。それが何の役に立つのかといえば、やはり大きい理由は防災という点です。特に夏に起こるゲリラ豪雨は印象に強いでしょうが、大雨が長い期間続くことで、川や池の増水、崖の崩落を予知する材料になります。もちろん地区によって避難勧告も出されますし、テレビなどで降雨量も発表されます。しかし自分の地域の降雨量を正確に理解しているわけではないのです。そして正しく知るためにはデータの蓄積が必要になります。

雨量計の正しいデータは、正しい設置方法と検定に合格した装置

正しいデータは、正しい機械の設置と使い方が絶対条件です。余計な水が入る場所に雨量計を置くと正しいデータがとれないので、車通りの多い道路のそばや陥没している雨が集まってしまう場所の設置は避けるべきです。そして樹木や建物から少し離れた場所に設置することも大切です。これは雨が建物や樹木によって遮られる可能性があるからです。では屋上に設置すればいいと考えた場合、できれば建物の端から3m、最低でも1m話す必要があります。これは建物の影で雨が遮られる可能性があるからです。また気象業務支援センターで行われた検定に合格した雨量計を使うことで、より正しい計測ができるようになります。もちろん日頃の点検や管理も大切です。ゴミが溜まっている、以前の雨粒が残っているということがあれば、やはり不備が残ります。

雨量計は雨量だけでなく、さまざまなものを計測できる

雨量計は、豪雪・寒冷地向けの計測器があります。これは雨量雪量計といい、その名の通り雨量と降雪量をはかることができます。これは薬剤によって雪を溶かして計測するものと、ヒーターを利用して雪を溶かして計測するものがあります。また最近では雨だけでなく気温や湿度、風速なども計れる機械と多種多様な計測器が出てくるようになりました。やはり家庭に雨量計を設置する必要性は、まだまだ浸透していないですが、室内に温度、湿度計があることと、同じくらいに気軽に風量、雨量計が家庭の外にあれば、実際に感じている気象の状態を数値で見ることができるので、より明確に意識することができます。そしてネットが広く浸透し、誰もが気軽に使える状態で、自分達のいる場所の気象と、気象庁や気象関係者が持っているデータを合わせることで、より正確な気象予報ができる時代もくるかもしれないのです。