雨量計の使い方について教えます

雨が降った日にニュースなどで降水量がどの程度だったか流れるのは日常の定番でもあります。降水量とは雨がどのくらい降ったかを数字にして示すものですが、ではこの降水量はどのように記録しているか知らない人も多いでしょう。降水量を測るには雨量計が必要です。雨量計は一般の人が必要となることはほとんどないため、どんなものかを実際に目にする機会がある人はほとんどいません。雨量計は主に気象庁が全国各地に設置し降水量を記録しています。雨量計を設置する場所はどこでもよいというわけではありません。雨が降った量を測る地面に設置することはもちろんのこと、どのくらいの雨が降ったか正確に測るためには周りに建物や木などがないところで設置しなければなりません。また雨が雨量計入りやすいように風の影響が受けにくい場所に設置するのが望ましいとされています。

雨量計はどうして必要となるのか

一般の人は使用することがほとんどない雨量計ですが、人々の生活には非常に密接であるといえます。雨量計は降水量を測ります。それではなぜ降水量は測らなければならないのでしょうか。日本には四季があり、各地で雨が多い、少ないという多少の違いはあるものの1年中雨が降り続くということはなく、全国的にみても世界の中では比較的過ごしやすい国であるといえます。しかしそんな過ごしやすい日本においても洪水など被害は少なからずあります。こうした洪水などの水害に対して、降水量の正確な数値を見ることによって、どのように対策をとればよいかなどの適切な判断を下すことができるため降水量を測ることは非常に重要であるといえるのです。そのため降水量を測るための雨量計も人々の生活の中では必要不可欠なものなのです。

一般的によく使用される雨量計の仕組みとは

降水量を測る雨量計には2種類のタイプがあります。1つは貯水型指示雨量計というもので、これは単純に雨を貯めていくもので降った雨を貯めていくことで、0.1ミリ単位ではかることができます。しかしこれは自動で排水する機能が備わったものもありますが、通常人の手によって排水作業を行わなければならないものが多いため手間がかかるため広くは使用されていません。もう1つのタイプが転倒ます型雨量計というもので一般的によく使用されている雨量計です。この雨量計の仕組みは受け口から雨が入ると、一旦ますに水が貯まり、0.5ミリ貯まるとシーソーのように左右どちらかに傾き水が流れ落ち、またますに0.5ミリ貯まると反対側に傾き水が流れ落ちます。左右に傾く回数で降水量を測ることができるという仕組みとなっています。